よく自分の痛みを我慢し続ける人がいますが、実はそれが一番危険な行為です。もっと自身を労わってあげ、早期に治療する事の重要性を知りましょう。

  • ホーム
  • 女性に多い変形性膝関節症の症状とは

女性に多い変形性膝関節症の症状とは

変形性膝関節症は、女性に多く見られる症状です。
高齢者になるほど発症しやすくなります。
主な症状は、膝の痛みと膝に水が溜まることです。
初期の症状は、立ち上がる際や歩き始める際に痛みを感じます。
休めば痛みが和らぎますが、中期あたりの症状になると、正座や階段の上り下りが困難になってきます。

末期の症状になると、休んでも痛みが引かず膝の変形が目立つようになります。
膝をのばしたまま歩くことも困難となってしまいます。
最終的には、大腿骨と脛骨が直接擦れることで激しい痛みを感じ歩行困難となります。
変形性膝関節症は、加齢による筋肉の低下、肥満による膝への負担の増加などが原因で膝の軟骨がすり減り、半月板の噛み合わせが緩んだりして変形や断裂を起こしていると考えられます。
多くは、関節液が膝に溜まり炎症を起こして関節痛を生じさせます。
高齢者では男性の4倍の割合で女性の方が症状に悩まされています。

O脚の関連も指摘されています。
O脚の人は、膝の内側に体重がかかりやすいため内側の半月板、内側の軟骨に負担がかかり発症しやすいと考えられます。
炎症が起きている状態で軟骨に負担をかけ続けると、さらに軟骨が削れることになります。
若いうちは軟骨に弾力がありますが、年を重ねると軟骨の弾力が徐々に失われていきます。
そうなると、軟骨が摩耗しやすくなります。

炎症が続くと、骨にも影響が出て骨が変形し、余分な骨ができてこわばったような状態になり動かしにくくなります。
中高年が膝の関節痛で悩む人が増えるのは、加齢とともに膝の軟骨が摩耗しやすくなるだけでなく、膝の周辺を支える筋肉が弱くなることが原因でもあります。
膝は人間の体の中でも複雑で不安定な構造をしています。
体重を支える場所でもあり肥満による体重の増加などは負担を受けやすいといえます。
また、女性の場合は閉経によりエストロゲンが減少することが発症の要因となっている可能性も指摘されています。

本も出版されている痛みナビ体操の効果がスゴイ

膝の関節痛を改善する方法として、テレビでも紹介されている痛みナビ体操があります。
痛みの原因別に体操があり、自分の症状に合った体操を行うことで高い効果が期待できます。
痛みナビ体操には、膝を伸ばして痛みが和らぐようであれば「膝を伸ばす」体操を行います。
また、曲げた方が楽な場合は「膝を曲げる」体操を行うことが適しています。

膝を伸ばす体操は、楽に足を乗せられる高さの椅子や踏み台を準備します。
片足を乗せる状態になりますのでしっかりと安定したものが望ましいです。
痛みがある方の足のかかとを乗せ、膝を伸ばしながら膝に両手の平を当ててゆっくりと押していきます。
膝が伸びきった状態で2秒ほど止め、押している両手の力ゆっくり抜きます。
この運動を10回ほど繰り返し、1日に4セットから5セット行うと効果的です。

膝を曲げる体操は、膝を90度曲げた状態で足を乗せることができる台に足を乗せて行います。
この体操も、安定した場所で行うことが大切です。
痛みがある方の足を台に乗せ、体重を前に少しずつ移動させて膝を曲げていきます。
ある程度のところまで膝を曲げたらそのまま2秒ほど止めて元の体勢にゆっくり戻します。
この繰り返しを10回ほど行い、1日4セットから5セットを行います。

この2つの体操は、関節の軟骨や半月板が摩耗し膝の骨が変形してしまった人でも、その進行具合に関係なく症状の改善が望める運動です。
手術を進められたような人でも、この運動で関節痛を改善することができます。
また、自宅でも手軽に行うことができるので、毎日無理なく継続することができます。
座ったり立ったり歩くことなどの日常の動作に痛みを生じている人の悩みを解消してくれる運動です。